情報

下部トラップをアクティブにする方法

下部トラップをアクティブにする方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

台形、または「トラップ」は、背中の上部にある台形の筋肉です。機能的に上部、中間、下部に分割されています。下の僧帽筋は、他のいくつかの上半身の筋肉のように見えないため、筋力トレーニングルーチンではしばしば無視されます。ただし、弱い下部トラップは、肩関節の不整合と痛みを引き起こし、最終的には関節炎を引き起こす可能性があります。

下部トラップの基本的なアクティブ化

ステップ1

背中を壁に立てて、足を腰から離し、壁から約8〜10インチ離します。あなたの尾骨、背中、背中はすべて壁に接している必要があります。腕を頭上に上げて、腕の後ろも壁に接触させ、肘と肩を90度に曲げて「ゴールポスト」の位置にします。

ステップ2

肘と前腕を壁のさらに下にスライドさせて、後ろのポケットに入れます。肩甲骨を積極的に押し下げます。これにより、下僧帽筋が活性化されます。 5回カウントします。

ステップ3

開始位置に戻り、この動きを8回繰り返します。疲労し始めた場合は、実行回数を減らしてください。

高度な低トラップアクティベーション:プローンY

ステップ1

床またはマットの上に横になります。足を後ろにまっすぐ伸ばし、股関節の距離を離します。腕は、時計の文字盤の「10」と「2」の位置を指すように、自分の側に角度を付けてください。親指を天井に向けるように腕を回します。床全体を見下ろし、首全体をエクササイズを通して長く保ちます。

ステップ2

両方の腕を吐き出し、まっすぐ持ち上げて、肩甲骨を一緒に引っ張ることで動きが得られるようにします。腕はまっすぐに、肩は耳から離してください。

ステップ3

両方の腕を吸い込んで床に放します。動きを繰り返して、10のセットを完了します。

ヒント

  • 1日1回行うことができる基本的な肩甲骨の活性化(セクション1)から始めます。それがあまりにも簡単になったら、傾向のあるY運動を試してください。それが難しすぎる場合は、腕を上下させながら曲げます。



コメント:

  1. Ahuiliztli

    私は今自分自身を表現できないのは残念です - 自由な時間はありません。私は解放されます - 私は間違いなく私の心を話します。



メッセージを書く