情報

水泳が人間の心血管系に及ぼす影響

水泳が人間の心血管系に及ぼす影響



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

水泳は低負荷の有酸素運動です。つまり、心血管系の改善を助けながら、体のエネルギーニーズを満たすには酸素が必要です。人々は年齢を重ねるにつれて、有酸素運動をワークアウトに追加することをお勧めします。これは、ランニングやジョギングなどの影響を与える可能性のある高負荷のアクティビティを必要としないためです。水泳は、心臓、血液、呼吸器系に良い影響を与え、広範囲の心血管トレーニングを提供します。

心臓

運動すると心臓が強くなるため、体に血液を送り込み、必要に応じて激しいレベルで動作することができます。メリーランド大学メディカルセンターによると、泳ぐ人を含む頻繁に運動する人は、運動する頻度が少ないかまったく運動しない人よりも心疾患のリスクが低いとされています。そこの医師は、多くの研究が、軽度から中程度の運動でさえ、すでに心臓病にかかっている人々にとって有益であることを示していることにも注目しています。

血液

上半身と下半身の筋肉を動かすことにより、より速く、より深く呼吸を始め、血液中の酸素レベルを高めます。毛細血管は小さな血管で、筋肉に追加の酸素を運び、老廃物である二酸化炭素と乳酸を除去するために広がります。水泳は高密度リポタンパク質(善玉コレステロール)を増加させ、低コレステロールである悪玉コレステロールを低下させる可能性があります。これにより、動脈を詰まらせるプラークが少なくなります。

呼吸器系

水泳は肺機能を改善しませんが、慢性肺疾患を持つ人を助けることができます。腕と脚の絶え間ない動きは、筋肉を強化し、持久力を向上させ、息を失う機会を減らします。メリーランド大学メディカルセンターによると、水泳は、汚染物質を避けて暖かい環境で屋内で運動できるため、喘息のある人にとっても有益です。

証拠

サウスカロライナ大学運動科学部のチームによる2つの研究では、水泳やその他の有酸素運動の健康的な側面を調査しました。 「International Journal of Aquatic Research and Education」の2008年5月号に掲載された最初の研究では、研究者は、ほぼ46,000人の男性と女性の水泳選手、ランナー、 20〜88歳の歩行者と座りがちな人。泳いだり走ったりした人は、最大の健康上の利点を示しました。 「水生研究と教育の国際ジャーナル」の2008年8月号に掲載された2番目の研究では、20〜90歳の40,547人の男性の死亡を調査しました。平均13年後、ランナーの8%、歩行者の9%、カウチポテトの11%と比較して、スイマーの2%だけが死亡しました。