情報

機器なしで前腕を行使する方法

機器なしで前腕を行使する方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

上腕二頭筋のカールやプルアップなどのエクササイズで前腕を動かしている間、前腕の筋肉をターゲットにして、手首の柔軟性を高め、強度を高めることができます。前腕の作業は、手首と握力も改善できます。より強力な前腕を構築するための作業には、高価な機器やかさばる機器は必要ありません。実際、前腕をターゲットにし始めたばかりの場合、ウェイトを使用すると怪我につながる可能性があります。

ステップ1

拳を10回開閉し、拳を閉じたときに少し握ります。これにより、前腕の筋肉が温まり、運動に備えます。

ステップ2

作業の前後に前腕を伸ばします。床の四つんばいに乗って、指を膝の方に向けるように手を回します。腕をまっすぐに保ち、前腕の筋肉を伸ばすように、足の方に少し座ってください。

ステップ3

肘を90度曲げ、手のひらと指を下に向けて平らにした状態で、手を前に持ちます。手首だけを使って、手を円の中で動かします。これは、円の中のある点で前腕のすべての筋肉に働きかけます。円を描いて握りこぶしを握り締めて、強度を上げます。

ステップ4

椅子に座って前腕を太ももに敷き、背中を真っ直ぐに少し前に傾けて手首のカールを行います。手のひらを上に向けます。拳を作り、手を上げ下げして、手首を曲げて、腕の残りの部分を動かないようにします。手のひらが下を向くように手をひっくり返します。抵抗を加えるには、持ち上げるときに反対の手で拳を優しく押します。

ステップ5

床にマットまたは敷物を置きます。腕立て伏せのスタンスを修正して、手のひらではなく指の関節に置き、拳を作ります。腕の筋肉を使用して、動作中に手首をしっかりと保持し、指の関節で腕立て伏せを行います。

ヒント

  • ストレスボールを絞ったり、新聞を片手でくしゃくしゃにしたりすることも、前腕の運動に役立ちます。