情報

力こぶのすぐ下と肘のすぐ上で筋肉に働く運動

力こぶのすぐ下と肘のすぐ上で筋肉に働く運動



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

上腕は、前腕の下部から前腕の前側に伸びる上腕二頭筋の下にある筋肉です。筋肉は上腕骨の前部、または腕の骨から始まり、肘関節を横切り、尺骨、または前腕の骨のcor状突起に挿入されます。上腕が十分に発達すると、腕の外側から見ることができます。筋肉は上腕二頭筋と同様の機能を持っています-肘の屈曲。腕のカールエクササイズを行うときに肩やハンドグリップの位置を調整することにより、上腕骨の関与を強調し、上腕二頭筋の関与を強調することができます。

着席ダンベル説教師カール

ステップ1

仰向けの、またはアンダーハンドのグリップを使用して各手でダンベルをつかんで説教者のベンチに座って、肘をまっすぐにし、肘をわずかに曲げて、肘を説教者パッドに置きます。

ステップ2

肘を曲げ、ダンベルを前の肩に向かって動かします。

ステップ3

肘を伸ばし、ダンベルを開始位置まで下げます。

着席ダンベルオーバーハンドプリーチャーカール

ステップ1

両手でダンベルを握り、またはオーバーハンドで握り、説教台に座って、腕を伸ばした状態で肘を説教パッドに置きます。

ステップ2

肘を曲げ、ダンベルを前の肩に近づけるまで持ち上げます。

ステップ3

肘を伸ばして、ダンベルを開始位置まで下げます。

スタンディングダンベルリバースカール

ステップ1

体を真っ直ぐに立て、両手でダンベルを握り回して握り、両腕をまっすぐにして両脇にダンベルを置きます。

ステップ2

肘を曲げてダンベルを前の肩に向かって持ち上げます。

ステップ3

肘を伸ばしてダンベルを最初の位置まで下げます。

ヒント

  • 肘屈筋の発達を最大限にするには、上腕を強調する運動を少なくとも1回、上腕二頭筋を鍛える運動を2回、腕radi骨筋を強調する運動を1回行います。