情報

あごの下のフラブのための演習

あごの下のフラブのための演習



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

それは人生の不幸な事実です-一部の人々は、老化または体重減少のために、あごの下にたるみ、たるんだ皮膚を開発します。体重が減っている場合、あごの下の腹部が大きくなるリスクがあります。皮膚は下にある脂肪によって引き伸ばされており、体重が減ると、皮膚がゆるんでたるんだままになります。健康的な体重を維持し、水で皮膚に水分を補給し、定期的に運動することにより、あごの下の脱毛を防ぐのが簡単です。あごの下にへらがある場合、その外観を減らすためにできることがいくつかあります。

スポットトレーニング

スポットトレーニングは、体の特定の領域から脂肪を燃焼させるのに役立ちませんが、ゆるんだ垂れ下がった皮膚の下で筋肉を構築して、外観を改善するのに役立ちます。ダンベルを持ち上げて上腕二頭筋と前腕のサイズを大きくするのと同様に、顔とあごのエクササイズは下にある筋肉をターゲットにします。あごの周りと下の筋肉をターゲットとするフェイシャルエクササイズは、筋肉のサイズが大きくなるにつれて、あごの皮膚のわずかなたるみを改善するのに役立つ場合があります。運動と健康的な食事、有酸素運動、そして多量の水を組み合わせて、肌の弾力性を維持しましょう。

チンリフト

あごを持ち上げて喉の筋肉を締めると、あごの下のたるんだ皮膚が引き締まるのに役立ちます。椅子にまっすぐ座って、唇で口を閉じます。顎を天井に向かってわずかに持ち上げ、片手の最初の2本の指を顎の下に置き、顎と喉頭の上部の筋肉を優しく押します。あごが収縮する筋肉を感じるまで、背中の歯を一緒に押します。舌を下の歯に押し付けて、10秒間保持します。指を使って筋肉に抵抗を与えます。ゆっくりとリラックスしてから、運動を繰り返します。 5回繰り返してみてください。

栄養

栄養は、肌の健康と弾力性に大きな役割を果たします。皮膚細胞は、生涯にわたって常に新しい細胞に置き換えられています。健康でハリのある肌のために細胞再生をサポートするには、たんぱく質、炭水化物、水がたくさん必要です。高レベルの人工成分、防腐剤、その他の化学物質を含む加工食品は避けてください。ベリーやブドウなど、自然の栄養素であるソルビトールを含む自然食品を食べます。これにより、肌が水分を保持しやすくなります。果物や野菜には、体内のフリーラジカルを減らすのに役立つ重要な抗酸化物質が含まれています。フリーラジカルは肌にダメージを与え、弾力性を失わせます。

肌を修復する

皮膚が弾力性を失い、あごの下のゆるいひらに垂れ始めたら、手術や他の医学的介入なしに修復するのは簡単ではありません。一般にビタミンAとして知られているレチノールを含む局所保湿剤を試してください。ビタミンCとベータヒドロキシ酸は、肌の弾力性を回復させ、あごのひびの外観を減らすのにも役立ちます。

資源