情報

ダンスでつま先を高くするための練習

ダンスでつま先を高くするための練習



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

裸足で、または柔らかい靴で踊る場合、「つま先で」とは足の付け根を意味します。つま先が硬いトウシューズを履くバレエダンサーにとって、文字通りつま先の先端を意味します。どんなタイプのダンスでも、足の指を高くすることは、足のラインを改善し、パフォーマンスの質を高め、痛みや怪我を避けるための鍵となります。足と他の場所で強さと柔軟性を高めるエクササイズは、あなたがより高く上がるのに役立ちます。

その意味

つま先が高いときは、かかとをできるだけ上げます。全体的な整合性を維持しながら、そのポイントに到達し、それを維持する必要があります。つま先が高いとき、足のラインはヒップから膝を通り、足の骨のアーチまで続きます。ポアントで踊っている場合、そのラインはつま先まで続きます。エネルギーは靴のプラットフォームから直接流れます。つま先を安定して立ち上がるには、強度と柔軟性の組み合わせが必要です。バレと部屋の中央で行われるダンスエクササイズ(プライ、テンデュス、レイル、ジャンプなど)は、強度を高め、関節の可動性を高めるように設計されているため、より高いつま先の上昇を達成および維持できます。

補足演習

ダンストレーニングだけでは十分ではありません。ダンスのトレーニングにもかかわらず、足首の可動域が不足している場合があります。おそらく、あなたが上昇したときにあなたの体重は適切に分配されていません。たぶん、腹筋、腰、背中などのコア筋肉が体重を引いていないか、足の小さな内因性筋肉が弱いかもしれません。これらの各ケースでは、つま先の立ち上がりが損なわれる可能性が高く、つま先の水疱や腱膜瘤から足首の捻rainに至るまで、特定のダンス関連の怪我の影響を受けやすくなります。特定の弱点があり、それらが何であるかを知っている場合は、クラス後に実施されるターゲットを絞ったエクササイズは、スタジオで行う作業を強化および補完します。

問題を特定した場合は、仕事に取り掛かります。アルファベットの文字を足で「書く」ことにより、足首の強さと機動性を高めます。すべての文字をトレースするために、広範囲に広がるストロークを使用します。 1番目と2番目の位置でゆっくりと関連性を高め、足のすべての部分を慎重に関節運動し、足の甲が1番目と2番目のつま先の上にあることを確認します。抵抗バンドを使用して、下肢の筋肉、つまり足首で足を屈曲、伸展、反転、反転させる筋肉を機能させます。大理石のピックアップまたはタオルでくしゃみをするエクササイズを使用して、土踏まずをサポートし、つま先をコントロールして内在する足の筋肉を発達させます。股関節屈筋と大腿四頭筋を伸ばすと、つま先で十分に前方に移動できます。厚板とgブリッジで、コアとcore部の筋肉(つま先をつま先で持ち上げるのに役立つ筋肉)を強化します。

制限事項

補足的な運動でさえ、より高い上昇を保証するものではありません。一部のダンサーにとって、自然や特定の足と足首の状態は、彼らが行くことができる高さを制限します。足病医で「ダンスマガジン」の寄稿者であるトーマスノベラ博士は、つま先の高さの高さに不満を感じるダンサーの中には、実際に足首の後ろに余分な骨があると説明しています。この骨-os trigonum-は、足首の後ろに痛みを引き起こし、つま先に上がったときに動きを妨げる可能性があります。足を平らにしたり、膝や腱膜瘤をたたくと、高く上がることも困難で苦痛になります。

リマインダーと考慮事項

理想的には、筋肉がすでに温まっているときに、授業後に補助的なエクササイズを行います。そうでない場合は、短時間の有酸素運動と、運動する予定の筋肉の動的なストレッチから始めます。起き上がったときにつま先を噛みしめたり、つまんだりしないでください。リラックスしたときにつま先を下に丸めると、不安定な支持基盤が作成され、つま先に不必要な水ぶくれが生じ、関節に過度のストレスがかかります。授業中は、かさばるレッグウォーマーの下に足や足首を隠さないでください。あなたの教師はあなたに助言するためにあなたの解放の明確な視野を必要とします。痛みの緩和は、負傷の兆候である可能性があります。つま先に立ち上がったときに足、足首、または足の痛みが生じた場合は、先生に相談するか、医師の診察を受けてください。