アドバイス

5日間の脂肪損失トレーニング

5日間の脂肪損失トレーニング


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

メリーランド大学医療センターでは、週に1〜2ポンドの割合でゆっくりと徐々に体重を減らすことが推奨されています。それでも、5日間で高強度の精力的なトレーニングで脂肪を落とすことができます。ワークアウトの努力とカロリーを減らした食事を組み合わせれば、減量を増やすことができます。 5日間のファットロスプランに着手する前に、医師に相談して、健康クリアランスがあることを確認してください。

田畑ワークアウト

脂肪を吹き飛ばし、タバタワークアウトでカロリーを燃焼させます。田畑のトレーニングでは、インターバルトレーニングが極端に行われ、10秒間休む前に、選択した20秒間の運動を通してできるだけ強く押すことが求められます。このサイクルを8〜20回繰り返して、完全なTabataワークアウトを完了します。タバタの運動サイクルは、サイクリングや縄跳びなどのさまざまな有酸素運動を使用したり、スクワットやランジを使用して、5日間で脂肪を減らすのに役立ちます。

定期的なインターバルトレーニング

脂肪をすばやく燃焼するためにワークアウトをノッチに上げても構わないが、タバタほど激しいものには準備ができていない場合は、インターバルトレーニングを行うことができます。インターバルトレーニングはまた、より短時間であなたの体が脂肪を早く燃やすのを助けるのに効果的で、メイヨークリニックを見つけます。通常のエクササイズに1〜2分のペースの速い動きを加えます。通常のペースで3〜4分間、ジョギング、rowぎ、水泳、または自転車で走り、1〜2分間より速く動きます。ワークアウトの間、これらの間隔を交互に繰り返します。これらのエクササイズは、1時間あたり約500カロリーを消費するのに役立ちます。毎日実行すると、週に1ポンドを失う可能性があります。 5日間で1ポンドを失うには、毎日1時間20分間運動する必要があります。

サーキットトレーニング

サーキットトレーニングは、筋肉の調子を整えながら脂肪を落とすのに役立ちます。この効率的な運動は、減量や維持のためのより効率的なカロリー燃焼を促進するため、体を整えます。 45秒間の筋力トレーニングで、縄跳び、階段登り、ジャンピングジャック、カーディオマシンなど、激しい3分間の有酸素運動を交互に行います。筋力トレーニングの間隔で、上腕二頭筋と上腕三頭筋のカール、胸部と肩のプレス、腹部のクランチ、スクワット、および肺を実行して、筋肉を構築し、素早くスリム化します。

その他の考慮事項

適切な水分補給と健康的な食事は、5日間の脂肪燃焼計画に含めるべき2つの重要な考慮事項です。 1日に少なくとも8〜10杯の水を飲み、運動中に必要に応じて増やします。無駄のないタンパク質、食物繊維が豊富な全粒穀物、新鮮な野菜や果物、無脂肪または低脂肪の乳製品で構成される食事を食べることで、より高強度のトレーニングを体に取り入れましょう。脂肪分の多い甘い食べ物は、栄養価がほとんどまたはまったくないため、スキップしてください。ダイエットで5日間でさらにポンドを減らしたい場合は、1日あたりのカロリーを700減らします。女性は1日1,200カロリー未満にならないようにし、男性は1日1,400カロリー未満にしないでください。