アドバイス

太ももと股関節の外側屈筋を曲げる方法

太ももと股関節の外側屈筋を曲げる方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

股関節屈筋は、腰筋と腸骨筋を含む一連の筋肉です。 「Stretching Anatomy」という本は、股関節屈筋が大腿骨から骨盤に付着し、脚を胴体に向かって曲げる役割があることを説明しています。屈曲とは、2つの関節が互いに近づく動きを表します。たとえば、膝を曲げて膝を胸に向かって抱き締めると、股関節屈筋が曲がります。

ステップ1

ヨガマットまたはその他の快適な面の上に仰向けになります。テールボーンを下に押し込み、背中を床に押し込みます。両方の膝を曲げて、胸に向けて持ち込みます。両腕を脛に巻きつけ、胸の近くで膝を抱きます。ストレッチを30秒から1分保持してから離します。

ステップ2

背中を支える面に横になり、両足を床に伸ばします。右膝を曲げて胸に向けて持ち込みます。右足を空に向かって伸ばし、つま先を自分に向かって曲げます。外側のヒップをさらに伸ばすには、柔軟性に応じて、右脚をゆっくりと右に下げ、右足の外側を床に接触させます。ストレッチを30秒から1分間保持します。脚を床まで下げ、反対側の脚で繰り返します。

ステップ3

背骨をまっすぐ伸ばして背を高くし、おへそを背骨に向けて引っ張って、コアマッスルを引き込みます。右膝を曲げて、右膝を胸の方に引きます。安定性を高めるために、腕を膝の周りまたは右腿の後ろに巻き付けます。膝を右側に移動して、ヒップの外側をより深く伸ばします。ポーズが不安定に感じる場合は、片手で椅子または壁をつかみ、もう片方の手で上げた膝を支えます。ストレッチを30秒から1分間保持し、足を下げて反対側の足で繰り返します。

ヒント

  • 前方屈曲部への折り畳みを定期的に練習して、股関節屈筋と外側股関節を伸ばします。



コメント:

  1. Gayle

    言うよりも簡単です。

  2. Bokhari

    私の意味は完全に開発されており、作家は彼ができるすべてを絞り出しました。

  3. Akinoshicage

    お詫び申し上げますが、別の方法で行くことを提案します。

  4. Dorg

    私はあなたの意見を完全に共有しています。これは素晴らしいアイデアだと思います。私はあなたに完全に同意します。



メッセージを書く