アドバイス

腹部脂肪を失うためにダンベルでどんな運動ができますか?

腹部脂肪を失うためにダンベルでどんな運動ができますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ダンベルを使用した筋力トレーニングは、代謝的に活性な筋肉組織を構築するための効果的な方法です。脂肪とは異なり、筋肉はそれ自体を修復および維持するために一定のエネルギーを必要とします。つまり、筋肉が多いほど安静時に燃焼するカロリーが多くなります。この余分なカロリー燃焼は、特に腹部に見られる体脂肪の減少に大いに役立ちます。腹部の脂肪を失うために、ダンベル運動を週に2〜3日行う必要があります。

上半身のエクササイズ

腕、肩、背中、腹部の筋肉を動かす上半身ダンベルエクササイズは、腹部の脂肪を減らすのに役立ちます。ショルダープレスは、腕、肩、背中をターゲットにします。肘を曲げた状態で、両手でダンベルを持って座ったり立ったりします。腹筋を収縮させ、背中をまっすぐにし、肘を伸ばしてダンベルを頭上に押します。開始位置まで慎重に下げます。重み付きクランチは、ダンベルを使用して腹を隔離します。床に仰向けになり、膝を曲げて足を床につけます。両手でダンベルを持ち、腕を頭上に伸ばします。おもりを空中に保ちながら、肩甲骨が床から離れるまで、腹筋を収縮させて「クランチ」します。ムーブメントの上部で一時停止してから、慎重に床に戻ります。

下半身運動

下半身のダンベルエクササイズは、,部、大腿四頭筋、ハムストリングスなどの体の最大の筋肉群に作用するため、腹部脂肪を失う非常に効率的な方法です。スクワットは、部および大腿四頭筋を発達させるための効果的な運動です。両手でダンベルを持ち、両腕を両脇に広げて、足で肩幅の姿勢を取ります。お腹を引き、背中をまっすぐにし、まっすぐ前を見て、腰と膝を曲げてしゃがみ込みます。太ももが水平になるまで下に進み、かかとを押して立ち位置に戻ります。歩くダンベルの突進は、腰、脚、心血管系に負担をかけます。各手にダンベルを持って立ちます。腹を安定させ、胴体を強化し、右脚で大きく前進します。膝と腰を曲げて、右脚に突っ込みます。右の太ももが水平になり、左の膝が床に近づくまで続けます。右かかとを押して立ち位置に戻り、左脚で前方に突進します。必要な回数の繰り返しが完了するまで、交互の脚を続けます。

組み合わせ演習

コンビネーションエクササイズは、上半身と下半身を連動させることで、最大限の力を発揮します。エクササイズを組み合わせることで、半分の時間で全身運動をすることができ、それでも同じくらい多くのカロリーを消費できます。たとえば、スクワットをスラスタとも呼ばれるオーバーヘッドプレスと組み合わせます。肘を曲げてダンベルを肩の高さに保持し、スクワットを完了します。スクワットの上向きの段階を実行するとき、腰からの運動量を使用してダンベルを上方向に動かし、腕を伸ばして肩のプレスを完了します。体重を肩に戻し、すぐにスクワットに戻って運動を繰り返します。

考慮事項

ダンベル運動は一般的に嫌気性活動に分類されますが、有酸素運動で身体を動かし、より多くの脂肪を燃焼させるためにも使用できます。少しの休息で、または休むことなく、あるエクササイズから次のエクササイズに移動することで、酸化的な脂肪燃焼エネルギーシステムを利用できます。このシステムは、筋肉や肝臓から保存されたグリコーゲンを使用するのではなく、実際に酸素を使用して不要な腹部脂肪などの脂肪を分解します。このシステムを利用して、次々に運動を行うことで、さらに多くの腹脂肪を失います。たとえば、10回スクワットを実行し、すぐに10回のオーバーヘッドプレスを実行し、その後10回の突進と10回のウェイトクランチを実行します。次に、サイクルを2〜3回繰り返し、安全にできるだけ早く移動します。

資源