アドバイス

男性の胃縮小運動

男性の胃縮小運動



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

太った胃は多くの男性の生活の悩みの種であり、日々の活動、自尊心、ロマンチックな機会に影響を与えます。このため、多くの男性は運動をして、胃のサイズを小さくすることを決定します。全体として、これは正しい手順ですが、適切な知識または準備なしに実行しないでください。運動によって胃脂肪を減らすことはできますが、重要なのは胃だけでなく全身をターゲットにすることです。効果的かつ効率的に胃脂肪を減らすには、健康的な食習慣を身につけ、有酸素運動で脂肪を燃焼させ、身体に筋肉を追加します。

有酸素運動

スポット削減の神話は、今日の「脂肪を素早く失う」雰囲気にまだ存在していますが、それでもほとんどが神話です。全体的な脂肪とは対照的に、胃の脂肪を失う能力に近づくのは、内臓脂肪の燃焼を最大化する心臓運動です。これは、胃の臓器を取り巻く特殊な体脂肪です。 「American Journal of Physiology」の2011年の研究では、有酸素運動が内臓脂肪を減らすのに最も効果的であり、全体的な腹の大きさを減らすのに最高の結果が得られたことが示されました。効果的な有酸素ルーチンは、セッションごとに30分以上継続し、心拍数を最大レートの60〜70%に上げている限り、あらゆるタイプの有酸素運動です。ジム内の多くの有酸素マシンまたは心拍数モニターで心拍数を確認できます。週に少なくとも3日間の有酸素運動を行います。

筋力トレーニング

筋力トレーニングは筋肉組織の破壊を引き起こし、筋肉の治癒と再成長をもたらします。これにより、安静時であっても、より高い身体代謝につながります。筋力トレーニングはまた、より多くのエネルギーを必要とする除脂肪量を体に追加します。単に筋肉を鍛えると、より多くのカロリーを消費できます。筋力トレーニングはまた、腹脂肪を減らすという目標を達成した場合に余分な報酬を与えることができます-十分に低い体脂肪率で、目に見える6パックの腹筋があります。筋力トレーニングの選択は重要ではありませんが、1つだけではなく多くの関節を動かす複合運動を組み込む必要があります。これらの運動は、脂肪を減らしたい男性に最適です。セッションあたり6回のエクササイズ、1回のエクササイズごとに3セット、1セットあたり9人の担当者による週2〜3日間の筋力トレーニングをお試しください。

栄養

栄養がなければ、方程式の一部しかありません。栄養と運動を組み合わせることで、脂肪の減少が最も早くなります。食事から高カロリー食品、特に加工食品、砂糖、アルコールを取り除きます。これらの食品の代わりに、全粒小麦製品、オート麦、シリアルなどの複雑な炭水化物を追加します。七面鳥、鶏肉、魚などの無駄のないタンパク質。オリーブオイル、ナッツ、サーモンなどの健康的な脂肪。この方法で食品を交換すると、食事から500カロリーでも簡単にカットできることがわかります。このカロリー不足は体脂肪の減少に役立ちます。 1日の摂取量が約40%の炭水化物と30%のタンパク質で構成されるように食事計画を立てます。食事の残りの部分は、健康的な脂肪、野菜、果物で構成する必要があります。

考慮事項

運動と栄養は脂肪の減少の本質をカバーしますが、脂肪燃焼の火に対するガスとして作用する可能性のある他のいくつかの要因があります。最初は睡眠です。ウェイクフォレスト大学医学部の研究では、1泊あたり6時間未満または8時間以上寝ている人は、高レベルの内臓脂肪に苦しむ可能性が高いことがわかりました。意味は、6〜8時間続く夜の睡眠は余分な脂肪の蓄積からあなたを保護する可能性が高いということです。多くの研究が、高レベルのストレスが内臓脂肪貯蔵に関連し、おそらく貢献する傾向があることを発見しました。動物の研究でも同様の結果が示されており、ストレスの多い生活を送ると腹が伸びることが示唆されています。人生のストレスを軽減するためにできることをしてください。そうすれば、あなたの胃はあなたに感謝します。