アドバイス

サイクリングはどの筋肉を構築しますか?

サイクリングはどの筋肉を構築しますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サイクリングは、ほとんどの地域で一年中実施できる便利な運動です。カロリーを消費し、有酸素運動であり、心血管系を改善し、足だけでなく全身全体の筋肉を強化します。これらの利点に加えて、自転車が輸送手段になることもあります。

足と腰

ペダルストローク中、足と腰の筋肉を使用します。より具体的には、ペダルの電源を切ると、大殿筋がダウンストロークの最初の部分で働き、大腿四頭筋とふくらはぎがダウンストロークを完了します。ペダルが最上部に戻ると、回復段階でハムストリングが機能します。ストロークの最上部(時計の文字盤で10時から12時と呼ばれることもあります)で、腰の前にある股関節屈筋がペダルストロークを完了します。

脚と股関節の筋肉は、日常の動きで私たちを前進させます。強い大腿四頭筋、ふくらはぎ、およびglut部の筋肉を持つことは、ハイキングや階段登りなどの標高の変化を伴う動きで私たちを持ち上げて安定させるのに特に役立ちます。

コア

あなたが外に乗るとき、あなたが左右に揺れるとき、あなたの深いコア筋肉はあなたを安定させます。このカテゴリの筋肉には、腹横筋、斜筋、および多裂筋が含まれます。これらの筋肉を強く保つと、腰痛を防ぎ、適切な姿勢をサポートします。

手、手首、前腕

手は、手首や前腕と同様に、特に凹凸のある表面を乗り越える場合に、ハンドルバーを保持することでかなりの強度の仕事を得ます。この領域では多くの小さな筋肉が強化されますが、手にかかる体重の量に関連する内部構造のサイズが小さいため、損傷しやすい領域でもあります。

手首と前腕の強化は、グリップの強度を向上させるのに非常に役立ちます。

肩と背中上部

乗るときにも上半身に体重がかかるため、乗車中は背中と肩の筋肉が常に強化されます。より具体的には、肩の三角筋が体を支え、背中上部の僧帽筋が姿勢を維持し、菱形と回旋腱板が肩甲骨を安定させます。

これらの領域の強度は、背中上部の姿勢を改善および維持し、典型的な丸い「コンピューターの姿勢」を防ぎます。



コメント:

  1. Cingeswiella

    自分で試しましたか?

  2. Fabien

    また、私たちはあなたの優れたアイデアなしでやります

  3. Jurr

    申し訳ありませんが、間違ったセクションで...

  4. Tochtli

    記事は非常に興味深いです。ブログに写真を投稿できますか?

  5. Vudor

    優れたフレーズ

  6. Amoux

    申し訳ありませんが、掃除されています



メッセージを書く