アドバイス

子牛が大きくならないようにする方法

子牛が大きくならないようにする方法



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

あなたが心血管運動をしている場合でも、低体力トレーニングをしている場合でも、1つ確かなことがあります。それは、子牛にトレーニングを与えることです。ただし、大きくて筋肉質の子牛が必要ない場合は、これを念頭に置いて運動を変更しないと、バルクを構築する道が開かれる可能性があります。ワークアウト時に適切な予防措置を講じれば、大きくてかさばる子牛の発育を防ぐことができます。

ステップ1

ランニングのような心臓血管運動は、子牛を育てません。ふくらはぎに力を入れたいが、バルクにはしたくない。カーディオは脂肪を燃焼し、ふくらはぎを含む全身をスリムに見せます。スプリントではなく持久力に注目してください。後者は過剰なバルクにつながる可能性があるためです。

ステップ2

かさばる筋肉を追加することなく、ふくらはぎを立ち上げるためにスタンディングカーフレイズを実行します。これを行うには、もう一方の足を地面から少し持ち上げて、かかとを段差から垂らして立ちます。かかとをわずかに下げてから、足のボールに戻ります。各脚で少なくとも15回繰り返します。

ステップ3

下向きの犬、ヨガのポーズを実行して、ふくらはぎの筋肉を伸ばし、運動後に膨らまないようにします。このポーズを行うには、床の上の腕立て伏せの位置を想定します。次に、後ろが空中になり、体が逆V字型になるまで腰を持ち上げます。手と足の間で体重を均等に配分します。かかとを床に下げてみてください。開始位置に戻る前に数秒間保持します。

ステップ4

ステップマシンとクライミングトレーニングをスキップします。これらはあなたのふくらはぎにバルクを追加するだけです。軽量のエクササイズに固執しますが、反復回数を増やします。