レビュー

ゴルフスイングとボールを右に押すための適切な修正

ゴルフスイングとボールを右に押すための適切な修正


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

プッシュとは、右利きのゴルファーにとって、右に直接進むショットです。ブロックと呼ばれることもありますが、プッシュはイライラするようなミステリアスなショットになることがあります。それはどこからともなく現れるようであり、明らかにかなりよく実行されたゴルフスイングの後に生じる。プッシュは多くの可能性のある要因に起因するものであり、修正がやや難しい場合があります。

原因

基本的に、クラブフェイスがインパクト時に開いたままになることでプッシュが発生します。衝突時に右にわずか数度回転させるだけで、10ヤード以上オフラインになるショットを生成できます。ボールがスライスのように左から右に回転するのではなく、まっすぐ右に移動する理由は、スイングプレーンがまだパス上にあるためです。一方、スライスは、開いたクラブフェースと外側から内側へのスイングパスの両方から生じます。このスイングパスにより、クラブがボールを横切って、左から右へのスピンが発生します。

タイミングとテンポ

通常、プッシュはタイミングの問題です。スイングの技術的基礎はすべて正しいかもしれませんが、タイミングが悪いとクラブフェイスを長時間開いたままにして、ボールを押してしまう可能性があります。同期の流体運動でスイングを確実に実行するための1つのタイミングドリルが重要です。バックスイングには1カウント、ダウンスイングには1カウントが必要です。これにより、ダウンスイングがあまりにも早く開始されるのを防ぎます。

右サイドスルー

インパクト時にクラブフェースが開いたままになる別の理由は、ボールを介して体の右側を回転できないことです。これを修正するには、ダウンスイング中に右足で押し出し、右膝をターゲットに向かって回転させる練習をします。ショットが終了したら、胸をターゲットに向け、右ヒールを地面から完全に離します。

クラブを解放する

プッシュの最後の原因の1つは、衝撃によってクラブを適切に解放できないことです。インパクト後、右手が左を越え、腕とクラブがターゲットに向かって完全に伸びる必要があります。クラブを鋭く左にスライドさせたり、右手を越えることができない場合、クラブフェイスは開いたままになり、ボールは右に飛びます。

資源