レビュー

ストラドルのために腰を伸ばす適切な方法

ストラドルのために腰を伸ばす適切な方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

センタースプリットとしても知られるストラドルポジションに入ることは、ほとんどの人にとって簡単な作業ではありません。すべての人の体と柔軟性のレベルは異なりますが、おそらくそれを実現するために献身と勤勉が必要です。日常生活で積極的に活動すること、また、立ちふさがるのに役立つ重要なエリアを定期的に広げることが重要です。腰、,部、太ももは、日常的に足を深くし始めるのに適した場所です。

スタンディングストラドルストレッチ

足を広げて、つま先を前に向けて立ちます。脚は広い姿勢で広げる必要がありますが、痛みを感じることはなく、通常よりもストレッチすることによるわずかな不快感しかありません。右脚と一直線になるように胴体を回し、腰から床に向かってゆっくりと曲げます。ふくらはぎをつかんでさらに引き下げ、経験と快適さのレベルに応じて15〜30秒間保持します。左側で繰り返します。胴体を前に向けて繰り返しますが、ふくらはぎではなく地面に手を置きます。

座りながらのストレッチ

足をできるだけ広げて床に座り、痛みを感じることはありません。つま先を向け、背中をまっすぐにします。腕を伸ばして床に向かって前傾し、頭と首をわずかに下げます。できるだけ体をリラックスさせてください。ストレッチを15〜30秒間保持し、定期的に練習する時間を増やします。腰と太ももに伸びを感じるはずです。

バタフライストレッチ

背中をまっすぐにし、足を体の前で蝶の位置に曲げて床に座ります。ひざを広げた状態で、足の裏が互いに接触している必要があります。腕と手を使って、膝を地面に向かって優しく押し下げます。ストレッチを15〜30秒間保持します。腰、太もも、but部が伸びると不快感を感じるでしょう。実際の痛みを感じた場合は、ストレッチングを中止してください。痛みはまたがりを改善するのに役立ちません。

サイドおよびミドルスプリット

ストラドルで腰を伸ばす最良の方法の1つは、スプリットエクササイズを練習することです。足を曲げた状態で両足を体の前に伸ばして座ってください。片足をゆっくり動かし、つま先を向け、膝を地面に向けて後ろに伸ばします。両方の脚が胴体に沿っている必要があります。サイドスプリットと呼ばれるこのストレッチを快適に行うことができたら、体を中央のスプリットに移動できます。胴体を脚の中央に向けて、サイドスプリットからミドルスプリットに移動します。