レビュー

機械で股関節屈筋を深く伸ばす方法

機械で股関節屈筋を深く伸ばす方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

股関節屈筋は、股関節の骨を下背骨に接続する筋肉です。股関節屈筋が硬い、または弱いと、こわばり、痛み、けがのリスクが高くなります。長時間座っていると、これらの筋肉が緊張する可能性があります。マシンなしで行うことができるストレッチがありますが、特に運動マシンを使用して行うことができる2つのストレッチがあります。

股関節屈筋の使用

ステップ1

機械の重りの位置を確認し、ピンの上にわずかな重さだけがかかるように調整ピンを動かします。利用可能な股関節屈筋がない場合は、セクション2に進んでください。

ステップ2

マシンの下端に向かって仰向けになります。腕は、ベンチ部分の端にある両側のハンドルに届く必要があります。

ステップ3

足首が所定の位置に保持されるように、パッド入りのシリンダーの間に足を置きます。

ステップ4

ハンドルを握って手でしっかりと保持します。

ステップ5

膝を胸に向かって引っ張ります。膝を引っ張ると、足が続き、パッド付きのシリンダーとシャフトを手前に引きます。

ステップ6

数秒間ホールドしてから、ゆっくりと足を下げて開始位置に戻します。必要に応じて繰り返します。

ハムストリングカールマシンの使用

ステップ1

ウェイトスタックを見つけ、アジャスターピンを動かして、ピンの上に少量のウェイトがかかるようにします。

ステップ2

マシンのパッド入りベンチで仰向けになります。

ステップ3

機械の端のパッド付きシリンダーの下に片足を置きます。つま先が上を向いていることを確認してください。

ステップ4

シリンダーの下の足を胸に向けてゆっくりと脚を引きます。数秒間ホールドしてから、ゆっくりと足を下げます。パッド入りのシリンダーの下から足が滑り落ちないように注意してください。

ステップ5

シリンダーの下から足を引き出し、シリンダーの下にもう一方の足を引っ掛けます。反対側の脚でステップ4を繰り返します。必要に応じて、脚を交互にし、複数回繰り返します。