レビュー

バタフライウエイトベンチの使用方法

バタフライウエイトベンチの使用方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

バタフライウェイトベンチには、チェストフライエクササイズ(アイソレーションの動き)を行うためのアームがあります。ベンチプレスなどの他の胸部エクササイズでは、上腕三頭筋と肩を筋肉の補助として使用しますが、バタフライエクササイズは胸部の筋肉のみを対象としています。筋肉の数が少ないため、バタフライのエクササイズには、圧迫するエクササイズよりも少ない重量を使用する必要があります。直立したバタフライベンチでは、エクササイズをしながら座っていますが、横向きのバタフライベンチでは、背中に横になって動きを実行します。

ステップ1

バタフライアームを調整します。ロックピンを引き出し、バタフライアームをセットして、ベンチに座ってハンドルを握ったときに、上腕が上半身と一致するようにします。ロックピンを解除し、固定されていることを確認します。反対側でこれを繰り返します。

ステップ2

12〜15回の繰り返しを完了することができるウェイトを選択します。選択したバタフライベンチを使用している場合は、スタックからウェイトピンを引き出して、目的のウェイトプレートにスライドさせます。フリーウェイトバタフライベンチを使用している場合は、ウェイトチューブ上でウェイトプレートをスライドさせます。

ステップ3

背中をパッドにしっかりと当ててベンチに座るか横になります。

ステップ4

腕を伸ばし、手のひらを前に向けてハンドルをつかみます。重量をラックから持ち上げるように、ハンドルを少し引きます。これが開始位置です。

ステップ5

肩甲骨を一緒に絞って、肘を少し曲げた位置に固定します。セット全体を通してこの体位を維持します。

ステップ6

息を吐き、腕が身体に触れるように引きます。移動中に胸を内側に洞窟させないでください。胸を広げてください。カウントのために一時停止し、息を吸い込み、ゆっくりと体重を下げて開始位置に戻します。

ヒント

  • 良い形で20回の繰り返しを簡単に完了できる場合は、重量を10%増やします。
  • すべての蝶のベンチに調整可能なアームがあるわけではありません。
  • 腕を体全体に引っ張るときに胸を絞ることに焦点を当てます。