その他

コラーゲン性大腸炎ダイエット

コラーゲン性大腸炎ダイエット


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

コラーゲン性大腸炎は、慢性の下痢を伴う結腸の状態です。この状態は、細菌の存在により結腸が炎症を起こすことにより引き起こされます。この状態は非致死的であり、通常は薬やライフスタイルの変化によって治癒しますが、病気の根絶を促進するのに役立つこの状態にある間は避けるべきいくつかの食べ物がまだあります。

太い

食事中の脂肪を減らします。脂肪の多い食品は、消化器の健康に悪いことが長い間知られています。食物脂肪は胃で簡単に分解されず、食物の未消化部分につながる可能性があります。コロンをできるだけ早く治すためには、コロンが完全に機能する必要があります。脂肪は適切に消化されないため、結腸のさらなる炎症を引き起こす可能性があり、大腸炎の解消が困難になります。

カフェイン

大腸炎との闘いにおけるもう1つの主要な要因は、カフェインとラクトースです。カフェインは利尿薬であり、これにより水分が増加して身体から離れ、脱水症になりやすくなります。脱水状態の場合、あなたの体はそれ自体を癒すのを助けることができません。また、カフェインは胃腸管を過活動状態に刺激します。これにより、下剤効果が生じ、結腸内の便の存在が増加し、さらに便が刺激されます。また、酸性度が高く、胃を刺激し、胃酸を過剰に生成する可能性があります。

その他の食品

辛い食べ物は避けてください。胃を刺激し、すでに刺激された結腸にさらなる損傷を引き起こす可能性があります。また、アルコールに近づかないようにしてください。また、利尿薬であり、胃腸管を圧迫する働きをします。これにより、腸の健康に必要な自然の代謝が遅くなります。緑豊かな野菜や生の果物など、下痢やガスの原因となる食品を減らして、すでに被害を受けた地域にさらなる負担をかけないようにします。

医師は、乳および乳製品に含まれる糖である乳糖を含む製品には近づかないことを推奨します。すでに乳糖不耐症の場合、乳糖の存在は大腸炎の治癒過程に悪影響を及ぼし、大腸炎は実際に不耐性を悪化させる可能性があります。既存の乳糖不耐症状態がない場合、損傷した結腸に乳糖が存在すると大腸炎が原因となることがあります。