情報

歩きながら大きな尻を取得する方法

歩きながら大きな尻を取得する方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

歩くと、主に膝腱と大腿四頭筋が機能します。通常、収縮してお尻の3つの主要な筋肉に関与しません:小殿筋、中殿筋、および大殿筋です。ただし、ルーチンを少し調整するだけで、歩行中に尻の筋肉を持ち上げて強化することができます。お尻のサイズと形状は主に遺伝的要因によるものですが、下半身の調子をウォーキングルーチンと組み合わせると、従来の歩行よりも多くのカロリーを消費しながら、but部の外観を高めて丸くすることができます。

ステップ1

歩行時にg筋を収縮させることにより、lute筋を活性化します。これは、but部の筋肉を大きくし、調子を整えるのに役立ちます。筋肉を挟み込むように、筋肉をぴんと張ったままにします。

ステップ2

階段を上って歩いて、お尻をまとめて形を作ります。脚を交互に配置したり、一度に1本の脚を上げたりできます。 1脚あたり150ステップを目指します。重みのあるベストやダンベルのセットで抵抗を追加したり、タイミングを調整したり、歩数を増やしたりすることで、強度が上がるにつれて強度を高めます。

ステップ3

歩行中にスケーターのスライドを行います。右に斜めに大きな一歩を踏み出し、つま先を前に向けたままにします。 90度の突進に身を下ろします。スケートをしているように左足を前に振り、前に歩きながら足を交互に続けます。両側で少なくとも25ステップを目指します。

ステップ4

丘を上り下りします。起伏のある地形は、but部の筋肉により多くの負担をかけ、歩きながらその大きさを整え、構築するのに役立ちます。

ステップ5

歩きながら腹筋を収縮させ、右膝をできるだけ高く上げることで、ハイニークロスエクササイズを行います。体をわずかにひねり、左肘を右膝に触れようとします。右脚を地面に下ろし、あなたと同じように前進します。歩行を続け、脚を切り替えて、脚ごとに合計25回繰り返します。

ステップ6

歩くときにスキップして、activate部の筋肉を活性化し、調子を整えます。できるだけ早くスキップし、地面に密着させてください。脚ごとに少なくとも25回繰り返します。

ヒント

  • 最大限のメリットを得るには、ウォーキングトレーニングを組み合わせてください。サイドホップ、横ホップ、ジグザグ、または歩きながら小さな赤ちゃんの足取りを追加します。このような動きは、お尻や他の下半身の筋肉を推測し、成長させ続けます。



コメント:

  1. Shakashura

    特にない

  2. Zachariah

    ええ暗がり!!!

  3. Maccus

    私はあなたを中断したことをお詫びしますが、私の意見では、主題はすでに古くなっています。



メッセージを書く