その他

左脚ブロックの原因

左脚ブロックの原因



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

左脚ブロックは、心臓が血液を体の残りの部分に送り出す方法に影響を与える、心臓の内側の状態です。ほとんどの場合、左脚ブロックは、異なる肺の状態の結果として心臓に生じている損傷の結果です。

識別

バンドルブランチブロックは、心臓を鼓動させる衝動を遅らせる障害です。怪我や病気などの心筋の合併症は、心臓の鼓動を引き起こす電気的インパルスを遅くしたり、心臓を取り巻く血管の閉塞も同じ効果をもたらす可能性があります。損傷は、彼の束として知られている心臓への電気インパルスを引き起こす心臓材料のコレクションに発生します。この束は、2つの心室のそれぞれに分岐します。左心室のブロックは、左脚ブロックとして知られています。ほとんどの場合、バンドル分岐ブロック自体は、はるかに深刻な心臓の状態が存在する兆候である可能性が高いため、治療することが重要であるとは見なされません。

心臓の状態

心臓への外傷は、結節枝ブロックを引き起こす可能性があり、場合によっては、心臓を修復するために行われた手術の結果である可能性があります。心臓発作により、バンドルブランチの電気的インパルスが遅くなることがあります。これは、両側で発生するか、左右のバンドル分岐ブロックでのみ発生します。心臓手術後に発生する可能性のある瘢痕は、束枝に圧力をかけ、心臓への電気インパルスの到達を遅くする可能性もあります。

バルブ病

弁疾患も左脚ブロックを引き起こす可能性があります。バルブは、血液を逆流させることもできます。つまり、必要な臓器に届く血液が少なくなります。これらの臓器に必要な血液を供給するために、心臓はより速くポンピングし、これにより心臓が肥大します。この拡大により、左バンドル枝への血流が減少します。これにより、左バンドル枝ブロックが生じる可能性があります。心臓弁も狭窄に苦しむ可能性があります。これは、弁を狭くし、臓器への血流を制限する状態です。繰り返しますが、血流の減少を補うために、心臓はより激しくポンプしなければなりません。これにより心臓が肥大し、左脚ブロックにつながる可能性があります。

高血圧

高血圧症、または高血圧は、心臓をより激しく鼓動させて臓器のためのより多くの血液を生成する継続的な心臓の状態です。これにより、左側のバンドル分岐ブロックが生じる可能性があります。高血圧などの継続的な心臓の状態を経験している人は、左脚ブロックを取得する可能性が高くなります。適切なバンドルブランチブロックは、完全な健康状態にあると思われる人に発生する可能性が高くなります。

感染

左脚ブロックは、心筋炎として知られる心筋の感染の結果である可能性があります。この感染はウイルス性または細菌性である可能性があります。感染自体は、左束枝を通って心筋に到達する電気インパルスに影響を及ぼすことにより、心臓を遅くします。