情報

ピラティスで脂肪を燃やす方法

ピラティスで脂肪を燃やす方法



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ジョセフ・ピラティスによって作成されたピラティスは、持久力と柔軟性を中心とした運動を通じて体を伸ばし強化する体操の一種です。酸素を消費せず、体の筋肉からエネルギーを得る嫌気性活動として、ピラティスは脂肪燃焼運動ではなく、無駄のない筋肉を作ることで知られています。ありがたいことに、運動をしていないときでも、無駄のない筋肉を使うほど脂肪を燃焼します。

ステップ1

立って、両腕を真っ直ぐに伸ばし、手のひらを足からヒップ幅で離して背を向けます。腕をポンプで動かし、各方向に3〜5インチ素早く動かし、10回カウントします。息を吸うときに5つまで数え、5つまで数えると10個のポンプを3セット実行して息を吐きます。右足を上げながら、もう10組の腕を動かします。反対側の脚を上げた状態で、もう10セットを繰り返します。

ステップ2

立ち位置に戻り、肩幅を超えてスタンスを広げます。腕を横に伸ばします。足を45度回転させてから、膝を90度曲げて、人気のバレエの動きであるプリエを形成します。右脚を横に持ち上げて、プリーから出てきます。反対の脚で持ち上げながら、プリーを繰り返します。足を持ち上げながら、プリーで息を吸い、息を吐きます。両側で8回繰り返しが完了するまで、このパターンを続けます。

ステップ3

左足で降りて、サイドランジの位置に移動します。右腕を頭の後ろに置き、肘を外側に伸ばします。左腕を下に向けます。息を吐きながら、左ひざを右ひじに向かって上げます。同時に、右肩を左膝の方に引きます。サイドを切り替える前に8回繰り返します。

ステップ4

顔を上げて腕を上げ、肘を曲げ、手のひらを曲げます。右脚を突進します。足を下に向けて左脚を曲げて上げます。かかとをお尻に向かって蹴り、足を前に蹴ります。これを4〜8回行います。背を高くして、右足で体重をバランスさせ、腕を横に伸ばします。右足を前後に4〜8回キックしてから、サイドを切り替えてサイクルを繰り返します。

ヒント

  • ピラティスの動きをしながら、呼吸に集中してください。呼吸は急いだり緊張したりするのではなく、深く落ち着いているはずです。ヨガのズボン、ショートパンツ、Tシャツ、タンク、スポーツブラなど、着る服を着る必要があります。保温層や生地、靴を避けてください。