アドバイス

捻rainした足首の松葉杖の長さは?


アメリカ整形外科医アカデミーによると、毎日約25,000人が足首を捻rainします。足首の捻rainは、足首関節を安定させる腱が過度に引き伸ばされたときに発生し、骨からの腱の過伸展、裂傷、または完全な剥離を引き起こします。捻spした足首の松葉杖に費やされる時間は、捻severityの重症度と種類によって異なります。

捻rainの基本

足首の怪我の程度は、捻spの程度によって異なります。グレード1の捻rainでは、靭帯の3つの微視的な裂傷のうち最も軽い裂傷により、わずかな腫れと圧痛が生じます。グレード2の捻rainには、同じ基本的な涙が含まれますが、それらは大きく、関節に多くの痛みと腫れを引き起こします。これらは、足の重量を抑えるために松葉杖を使用する必要があるかもしれません。グレード3の捻rainは最もひどく、靭帯全体が完全に破裂するか、骨から裂けたときに発生します。この大きさの涙には松葉杖が必要です。

足首が捻rainされると、関節に裂けるような感覚とともに、しばしば足首にぽんと鳴る音があります。多くの場合、足首自体が柔らかく腫れ、捻rainのポイントに打撲傷が形成されます(参考文献2)。捻rainの最も一般的な原因は、異常な角度で地面に接触する足で、かかとの代わりに関節に体重がかかるようにします。これにより、足首が「ロール」し、靭帯が伸びたり裂けたりします(3を参照)。足首の捻rainが疑われる場合は、松葉杖をすぐに手に入れる必要があります。

足首の怪我の予防は簡単ですが、足首の怪我の絶対的な予防を保証するものではありません。足首の強度と柔軟性を向上させる運動は、関節の柔軟性を保ち、突然の圧力にうまく対処できるようにします(参考文献2)。足首がすでに負傷している場合は、松葉杖を使用して、関節が安定して動かないようにし、より迅速に治癒し、負傷の再発を防ぎます。

足首の負傷の回復

足首の怪我の回復時間は重症度によって異なりますが、松葉杖が必要なグレード2の捻rainでは、関節が完全に治癒するまで通常5〜10週間かかります。医師が推奨する場合は、最初の4〜8週間は松葉杖を使用します。グレード3の捻rainの場合、関節は3〜6か月間使用できない場合があり、怪我が深刻な場合はおそらくより長くなる可能性があります。松葉杖は、この重度の怪我の治癒過程全体に絶対に必要になります。靭帯の完全な断裂には手術が必要な場合があり、この状況では、手術までずっと松葉杖を使用し、その後、医師が関節に圧力をかけるのが安全であると示すまで期待できます。