情報

連続した日に重量挙げできますか?

連続した日に重量挙げできますか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

筋肉に適切な休息を与えることは、筋力とサイズを伸ばすためのウェイトトレーニングと同じくらい重要です。フォースの生産と開発のサイズを増加させるプロセスは、ワークアウトセッションの間に行われます。したがって、実際の強度とサイズのメリットを得るには、適切な休息期間が必要です。スプリットトレーニングトレーニングに参加しない限り、連続した日の重量挙げは適切ではありません。

休息の重要性

ウェイトを持ち上げるとき、筋肉は通常よりも大きな力を生み出す必要があります。このストレスにより、それらは過負荷になり、損傷します。筋肉繊維に小さな裂け目が現れます。強度とサイズの改善を刺激するのは、この損傷です。ワークアウトの直後に、筋肉は自分自身の治癒に取り組みます。この治癒プロセスの間、筋肉はまた、重量挙げのストレスを処理するためにより良く備えられるように順応する努力をします。その結果、彼らはより大きな力と大きなサイズを生み出す能力で治癒します。

適切な休息

全国筋力およびコンディショニング協会は、筋肉が適切に回復して治癒するために、重量挙げワークアウトの間に少なくとも48時間の休息が必要であると指摘しています。これは、リフティングトレーニングが1日おきよりも頻繁に完了するべきではないことを意味します。適切なウェイトトレーニングスケジュールの例には、月曜日、水曜日、金曜日のトレーニングが含まれます。

考慮事項

あなたの筋肉は、重量挙げワークアウトの間に48時間以上の休息さえ必要とするかもしれません。初心者のリフター、または長い休憩の後にリフターに戻っている人は、回復するのにもう少し時間が必要だと感じるかもしれません。さらに、筋線維を著しく損傷する極めて大量のワークアウトに参加した人には、より多くの休息が必要になる場合があります。スケジュールされたトレーニングの日にまだ痛みがある場合は、筋肉の回復時間をさらに増やすことを検討してください。

スプリットトレーニングスケジュール

各セッションで異なる筋肉群を訓練する場合、連続した日に体重を持ち上げることが可能であることに注意することが重要です。たとえば、月曜日と水曜日に上半身の運動を行い、火曜日と木曜日に下半身の運動を行うことができます。これにより、筋肉グループは、過負荷になった後でも必要な最低48時間の休息をとることができます。ボディービルダーまたはかなりの筋肉量を開発しようとしている人は、各筋肉グループに対してより多くのエクササイズ、セット、および繰り返しを実行する時間があるため、分割トレーニングスケジュールに従います。より集中的で頻繁なスケジュールには、月曜日と木曜日に胸と肩、火曜日と金曜日に背中と脚、水曜日と土曜日に上腕二頭筋と上腕三頭筋に焦点を当てることが含まれます。