カテゴリ その他

その他

低血小板数と脂肪肝疾患

ウィリアムズ血液学の第7版によれば、肝疾患患者の血小板数減少の主な原因は、門脈圧亢進症と肝臓によるトロンボポエチンの産生低下の結果として脾臓に血小板が隔離されることです
続きを読みます